×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフ上達法マニュアル。ゴルフ初心者でも飛距離がアップ

ゴルフ上達法マニュアル。ゴルフ初心者でも飛距離がアップ、わずか30分でゴルフが上手くなる型破りレッスンとは?数々のゴルフマニュアルを出版してきたあのゴルフ漫画家の集大成!「ゴルフ狂のスピード上達塾」。ゴルフ飛距離改革。驚異のゴルフ上達法。究極の体重移動スイング法。ゴルフスイング理論。速攻ゴルフ上達法!超少ない練習で速攻進化のゴルフ上達法! 【バイオニックゴルフ理論シークレットバイブル】

サイトトップ > 驚異のゴルフ上達法。

ゴルフ上達法マニュアル。ゴルフ初心者でも飛距離がアップ

驚異のゴルフ上達法。

驚異のゴルフ上達法

日本一売れているゴルフレッスン教材の秘密はじめまして、倉木 信二と申します。私は過去にはゴルフ研修生として、またゴルフ工房クラフトマンとしてゴルフ業界に携わり続けて参りました。 そして、私が執筆したゴルフレッスン教材はインターネットの教材販売サイト、「インフォトップ」の2007年度、総合部門年間売り上げ第1位を達成しました。(下の写真は、年間第1位受賞記念のトロフィーです。)私がこのインターネット上でゴルフレッスン教材を販売開始して以来、多くの業者がインターネット上でゴルフレッスン教材の販売を開始しました。しかし、商品が増えると金儲け主義の販売業者は増え、ノウハウの質も悪くなり、本当に効果の出るレッスン教材の正確な判断が出来なくなります。中には、「スコアが簡単に30打縮まる」などと言う教材も売られている始末です。また、私の執筆したレッスン教材の広告を人気ゴルフ雑誌の「ゴルフギア」に掲載しました。詐欺的な商品はこうした有名誌に広告を掲載する事が出来ないので、どうやら私の執筆したレッスン教材は詐欺的な商品ではないと言う評価のようです。さらに、私が運営しているブログ、「元ゴルフ研修生クラフトマンのゴルフ相談日記」は「人気ブログランキング」のゴルフ部門で1位を獲得しました。インターネット上で顔もロクに出さず、怪しくマニュアルを販売している私ですが一般の方には支持を受けているようです。(いつも1位〜2位の間をウロウロしていますが…)さらに、上達法を実践された方からは以下のような声を頂戴しました。運転免許には「実技と学科」があります。ゴルフも同じだと思います。私の場合は「実技」が主でした。今は違います。倉木さんのゴルフ理論を、少しずつですが理解し始めたからです。見せられないのが残念ですが私のドライバーの飛距離は格段に伸びました。今は、まだ「10球中、1,2球」ですが・・・・・。300ヤード近く飛ぶこともあります。(本当です)私の場合、もう少し早く倉木さんと出会っていたならば、練習量にしても、ゴルフの道具にしても、半分の時間・半分の量(道具)で済んだかもしれません。(茨城県 山中 隆様 45歳 ゴルフ暦1年)そして、私自身も今ではさほど練習しなくとも平均70台のスコアでラウンドし、ベストスコアでは60台をマーク出来るようになりました。これも全てはスイング理論を深く理解しているからなのですが、
実は、そんな私でも昔はいくら練習をしても全く上手くならず、
本当に悲惨な状態だったのです…研修生とは、ゴルフ場の寮を借りてグリーン刈やキャディなどを行い、住み込みで働きながら空いた時間を利用してコースで練習を行い、プロを目指すと言うものです。私が働いていたゴルフ場にも、プロを目指す研修生は沢山いました。そして、研修生同士では「ニギリ」と言うものを必ずと言っていい程行ないます。ニギリとは、お金を賭けてゴルフの勝負をする事です。研修生の給料は非常に少ない為、(私の働いていたゴルフ場では月5〜7万程度でした。)新しいクラブを購入する資金や生活費等を稼ぎ出す為にニギリを行い、他人のサイフに喰らい付くのです。当然私もニギリをやらされたのですが、私はそのゴルフ場で1番下っ端の新人だった為に先輩研修生のカモにされ、給料が無くなるまでニギリ代をむしり取られていました。「このままでは潰されてしまう…」 そう感じた私は、ニギリで勝てるようになる為、生活していく為に死に物狂いに練習をしました。朝は誰よりも早くコースへ向かい、夜は近くのゴルフ練習場の支配人の好意で営業終了後に球拾いをする事を条件に、無料で練習させて頂きました。「人の2倍…いや、3倍練習すれば上手くなるはず!」 そう信じて朝早くから夜の11時まで、狂ったように練習をしたのです。しかし、必死の練習とは裏腹にあまり上達が見られず先輩研修生のカモにされ続けてしまいました。「何でこんなに練習しているのに上手くならないんだ!!」悔しさのあまり血管が切れそうになりながらも更なる練習をこなしましたが、一向に勝てる気配はありませんでした。そんな毎日が2年も続き、私はある事に気付いたのです。「よーく分かった。ゴルフに必要なのは努力じゃなくてセンスだね…」ボロボロになった私はもうゴルフが嫌になり、 ゴルフなんて辞めてしまおうと本気で思いました…絶望的状況だった私はクラブを買い換える事で何とかしようと思い、当時人気のあったクラブに交換しようと、あるゴルフ工房に足を運びました。わたし 「すみません、このクラブに交換したいんですけど…」 クラフトマン 「良いですけど、ちょっと打ってみますか?」わたし 「そうですね、一応…」私はそのクラブの感触を確かめる為に鳥カゴのようなネットで軽く打たせてもらう事にしたのです。クラフトマン 「合ってないですね」 わたし 「え?」クラフトマン 「お客さんにそのクラブは合っていないです。」わたし 「弾道を見てもいないのに、それは何を根拠に…」クラフトマン 「ヘッドポジションが、後ろだからです。」 わたし 「え?…何ですか、それは…?」クラフトマン 「ん?ああ…良いですか、ゴルフスイングって言うのは…」結局クラブを買い換えなかった私に、そのクラフトマンは超実践的なゴルフ理論の「ほんの一部」を教えてくれたのです。それは、非常にシンプルでしたが私にとっては衝撃的な内容で、私に”ある気付き”を与えるキッカケとなったのです。
「もし、この考えが間違っていなければ…」この”気付き”は果たして正しいのだろうか…
私は今すぐ実践したい気持ちを抑えられず、その足ですぐに練習場へと向かいました。そして、その日を境に私のゴルフは劇的に変化して行ったのです…状況は劇的に変化しました。ドライバーショットではヘッドスピードが上がったワケでもないのに今まで絶対届かなかった所まで飛距離が出るようになり、更に方向性まで改善しました。アイアンショットも、今までの山なりの情けない弾道ではなく空気を切り裂くようなキレのあるショットが放てるようになり、絶対に止まらなかったロングアイアンでも明らかに高弾道になりグリーン上で止まるようになったのです。更にはアプローチまでも様々なショットを自在に打ちこなせるようになりました。特にトレーニングを始めたわけでもないのに今まで絶対に打てなかった弾道を放てるようになり、それは練習を重ねれば重ねるほどに効果が上がり、目に見える正に爆発的な上達を果たしました。今までカモにされていた先輩研修生達にもニギリで勝てるようになり、 更にはその年に行なわれたアシスタントプロテストでは先輩研修生は皆全滅したにも関らず最年少、ゴルフ暦最小だった私だけが上位の成績で合格を果たしました。2年間、散々カモにしてくれた先輩研修生達は途端におとなしくなり、立場と実力は完全に逆転しました。「あの時の気付きは間違いじゃない…これがスイング理論の核心的なものに違いない」今まで辛くて苦しいゴルフばかりしていた私が、「ゴルフはこんなに楽しいスポーツだったのか…」と、毎日のゴルフが楽しくて仕方なく思えるようになりました。 しかし、これは私に特別なセンスがあったワケではありません。この「スイング理

>> 続きはこちら




ゴルフ上達法マニュアル。ゴルフ初心者でも飛距離がアップ

ゴルフ上達法マニュアル一覧